• 土. 5月 21st, 2022

ナイジェリアのブハリー大統領は複数の閣僚に辞任を命じた。

Byadmin

5月 11, 2022

5月11日、ナイジェリアのブハリー大統領は大統領府で開かれた連邦執行委員会会議で、交通部長のロティミー・アマエチ、労働部長のクリス・エンギグ、連邦執行委員会の他の複数のメンバーに5月16日またはそれ以前に辞表を提出しなければならないと命令した。ブハリー命令の影響を受けたのは、アブバカル・マラミ司法長官、ゴドスウィル・アクパビオニジェールデルタ事務部長、オボンナア・オヌ科学技術部長、エメカ・ヌワジウバ教育部国務長官だ。これら6人の閣僚は、与党全体の進歩大会党を代表して次期大統領に立候補する意向を公表した。

アビア州知事に立候補する予定の鉱物と鉄鋼発展部のウクシュクー・オガ国務長官、高原州上院議員に立候補すると発表した女性事務部長のボリナ・タレン氏も同時刻までに辞任を求められた。

同日の会議で、ニニュースと文化部長のムハンマド・ライ氏がこの大統領命令を読み上げ、大統領選に出馬した現副大統領エミ・オシンバジョ氏が辞任を求められたリストに含まれていないと発表した。

ナイジェリアのブハリー現大統領は2019年2月の大統領選挙で再選を果たし、2023年5月29日に2期の任期を終えて退任すると表明した。

ナイジェリアの次期大統領選挙は2023年2月25日に行われる予定で、与党全体の進歩大会党と主要反対党の人民民主党の複数の高官が党内初選挙に立候補している。6月3日はナイジェリア選挙委員会が各政党の初選挙に設定した締め切り日である。

(フロント記者何北平)

責任編集:張建利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。