• 土. 5月 21st, 2022

プーチン大統領は集安組織サミットやウクライナ関連議題に参加する。

Byadmin

5月 12, 2022
俄罗斯总统普京发表讲话(资料图)

ロシアのプーチン大統領が演説(資料図)

海外ネット5月12日電 ロシアの衛星網によると、ロシアのペスコフ大統領報道秘書は12日、集団安全条約機構の首脳サミットが5月16日にモスクワで行われ、ロシアのプーチン大統領が参加すると明らかにした。ペスコフ氏は、サミットがウクライナ情勢の議題にかかわる可能性があると明らかにした。

ペスコフ氏は、今回のサミットで集団安全条約機構の設立30周年にあたり、指導者会議のほか、仕事の食事の形で個別に交流すると明らかにした。集安組織のザス事務総長とアルメニアのパヒニヤン首相は会議後、記者に関連状況を紹介する。

プーチン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領はサミット期間中に二国間会談を行う予定だと報じた。

集安組織は2002年5月に設立され、1992年に署名された独連体集団安全条約から進化し、現在はロシア、ベラルーシ、カザフスタン、タジキスタン、アルメニア、キルギスの6加盟国がある。(海外ネット楊佳)

責任編集:劉光博

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。