• 金. 6月 24th, 2022

現地時間5月21日、ロシアの第1チャンネルの記者によると、亜速営正副指揮官はみな亜速製鉄所を出て投降したという。

p>

ロシア政府はまだ確認していません。(総台記者の王斌)

cms-style=”font-L”>これまでの記事

ロシアメディア:「亜速営」副指揮官は、まだ亜速鉄鋼工場内にあると降伏したことを否定した(参考消息)

参考消息網は5月20日、ロシア軍事観察網の19日付報道によると、烏方軍事力「亜速営」副指揮官のスヴィアトスラフ・パラマール氏(「ヨーロッパ莢蒾」とコードネーム)は19日、「電報」チャンネルに18秒の最新動画を投稿し、一部のメディアが同日以前に報じたように降伏したのではなく、他の指揮官と一緒に亜速製鉄所内にいると発表した。彼はビデオで、作戦行動は続いているが、詳細は明らかにしないと述べた。

ロシアは1900人以上の亜速鉄鋼工場内の武装者が投降したと発表した(中央テレビ)

ロシア国防省は20日、これまで1900人以上が亜速製鉄所を出て投降したと明らかにした。

p>

ドネツク地区の責任者はこれまで、亜速鋼鉄工場内には2000人以上の武装員がいて、その中には亜速営の指揮官と高レベルの戦闘員が含まれていると明らかにした。

p>

現在、ウクライナ側は烏撤退者の最新データを通報していない。(総台記者の王斌)

class=”show_author”>責任編集:朱学森SN 240

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。