• 土. 6月 25th, 2022

ベルギーの抗議者はブリュッセルの街を埋め尽くした:「NATOを阻止せよ」!

Byadmin

6月 22, 2022

[環球時報総合報道]「ヨーロッパはウクライナの後ろに団結しているが、疲労が現れ始めている」。ワシントン・ポスト紙は6月20日、仏ドイツ3カ国の指導者が先週キエフを共同で訪問したが、多くのヨーロッパの人々がウクライナ支持に疲れていると明らかにした。

「NATOを阻止する。」今日のロシアのテレビ局によりますと、現地時間20日、7万人から8万人の抗議者がこのスローガンを叫んで、NATOとEU本部のあるブリュッセルの街を埋め尽くし、この町を停止させたということです。6月、ベルギーのインフレ率は9%に達し、40年ぶりの高値となった。絶えず上昇する生活コストに怒りを示し、賃金の引き上げと減税を要求したほか、多くの抗議者は米国が指導するNATOがウクライナに武器を提供し続けていることを非難した。報道によると、抗議者は政府に「武器ではなく給料にお金を使うように」と要求したという。

<p cms-style=「font-L」>環球時報のドイツ駐在特約記者は、最近多くのヨーロッパメディアがこれまでのように毎日ロシアの衝突ニュースを1面トップとしていなくなり、1面トップにも現れないことを観察した。21日、オーストリアの新聞1面は「石炭が帰ってくるのか」という話題でほぼ埋まっている。ドイツ人が現在注目している焦点は、ロシアの軍事行動の進展からこの衝突の結菓に移ったと、ドイツは「疲れた時」を経験している。インフレ、負担できない食品、高い燃料価格。p>

ドイツの世論調査機関Forsaの最新の世論調査によると、3/4のドイツ人はウクライナが最終的に軍事勝利を勝ち取るとは信じていない。2/3の調査者は交渉を通じてしかロシアとの軍事衝突を終わらせることができないと考えており、4/5までの調査者はプーチンとの対話を続けるのが正しいと考えている。

ヨーロッパ対外関係委員会(ECFR)が10カ国に対して行った最新の世論調査の結菓、ヨーロッパ人はウクライナがロシアの軍事行動にどのように対応すべきかという問題で深刻な相違があり、ポーランドはキエフがロシアに対して「正義を伸ばす」ことを支持する人が最も多いが、イタリア、ドイツ、ルーマニアの民衆は平和的に敵対行動を終結させることに賛成している。42%の回答者は彼らの政府がウクライナ衝突に「時間をかけすぎた」と考えているが、4%の回答者だけが自国政府のウクライナに対する「関心が少なすぎる」と答えた。カナダの左翼誌「カナダ次元」は20日、西側諸国が深まりつつある経済危機である高インフレと景気後退の可能性が高まっているとし、「餓狼が入り口で叫んでいるようだ」「ヨーロッパの人々はウクライナ難民を見て感傷的ではない」と述べた。ワシントン・ポスト紙によると、ヨーロッパの世論は変わりつつあり、最も困難な日は「まだ先」かもしれないという。

<p cms-style=「font-L」>EUは23日から24日にかけてサミットを開き、ウクライナとモルドバのEU候補国に地位を与える問題を議論する。この露烏衝突の背景にある「火線同盟」計画は、EU内部で激しい議論を引き起こすに違いない。EUのボレッリ外交安全政策上級代表は20日、両国の同盟交渉の開始の将来性について「一歩ずつ来ましょう」と述べた。

沈ジェイソン   任 重)

class=”show_author”>責任編集:張玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。