• 金. 6月 24th, 2022

1週間もたたないうちに、ロシアのもう1機のソ-25がロシアと烏の国境で墜落した。

Byadmin

6月 22, 2022

(観察者網によると)現地時間6月21日、ロシアの蘇-25戦闘機が定例飛行訓練を行っていたところ墜落し、パイロットが死亡した。

p>

露新社はロシア南部軍区新聞処を引用して、戦闘機は訓練時に武器をマウントせず、露烏国境のロストフ州無人区域に墜落し、その間に地上破壊はなかったが、パイロットは死亡したと発表した。

p>
露新社報道

初歩的なメッセージによると、墜落原因は技術的な故障の可能性があるという。現在、ロシア空天軍委員会は事件地に向かって仕事を展開している。

しかし、1週間も前の6月17日には、同じソ-25がロシアと国境を接するベルゴロド地区で墜落し、ロシア当局は技術的な故障と説明した。ロシアの「新報」の電報チャンネルによると、この戦闘機は当時極めて低い高さでかすめて飛行し、最終的に電線を引っ掛けて炎上し、パイロットは重度のやけどで死亡したという。

17日に墜落したソ-25ビデオのスクリーンショットロシアの「新ニュース」より

一方、ロシア緊急事態省も21日、シベリアのヤクート地区でアン-2機がレーダーから消失し、乗員2人、乗客1人、貨物1トンを含む3人が搭乗していると発表した。現在、最新の情報はない。同じ日、あるアン-24もイルツクック着陸時に着陸機の着火事故を起こし、42人を乗せたが、幸いにもけが人はいなかった。

class=”show_author”>責任編集:王珊珊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。