• 金. 6月 24th, 2022

米民主党の値下げセール「ハリスとのツーショット」に皮肉

Byadmin

6月 22, 2022
拜登与哈里斯 资料图

<p cms-style=「font-L」>[環球網報道]米フォックス・ニュース・ネットワークは21日、ハリス米副大統領の支持率下落を背景に、民主党全国委員会がハリス氏との写真撮影の購入価格を15000ドルから5000ドルに引き下げたと報じた。これについて共和党員の中には、民主党員がハリス氏との写真価格を扱うように、米国民が直面する生活コストの急騰に対抗することに集中すれば、「インフレは問題ではない」と皮肉っている人もいる。

ハリスが民衆と写真を撮った時の様子、米メディア報道配図

ハリス氏は5月に行われる女性リーダーフォーラムに出席する予定で、民主党全国委員会が主催する。このフォーラムでは、ハリスとの写真の価格は15000ドルだったが、最終的に十分なチケットが売れなかったため、このイベントは延期された。現在、ハリスは6月の夜、故郷カリフォルニア州で行われる別の資金調達活動に登場する予定だ。このイベントで、民主党全国委員会はハリスとの写真の価格を5000ドルとした。

民主党全国委員会の役人はこのことに対して、「イベントの司会者と募金者と協力して、イベントごとに具体的なチケットを製定する」と答えた。フォックスニュースによると、ハリス氏と写真を撮った「在庫一掃価格」は、彼女の支持率が39%に下がった時に現れ、バイデン氏の支持率よりも低かったという。

バイデンとハリス資料図

これは共和党員の皮肉を招いた。共和党全国委員会のウィル・オグレディ報道官は、「民主党がハリス氏との写真価格のように米国人が直面する暴騰コストに対抗することに集中しようとすれば、インフレは問題ではない」とフォックス・ニュース・ネットワークに伝えた。共和党全国委員会の別の役人ニコール・モラレス氏はツイッターで、「アメリカ人はガソリンや小売商品をもう買えないかもしれないが、少なくともハリスとの写真は在庫処分だ!」

<p cms-style=「font-L」>ニューヨーク・ポスト紙も、一部のソーシャルメディアネットユーザーが民主党のやり方についてコメントしたと報じた。ハリス氏の支持率が高くない現状を借りて、この副大統領は自分にお金を払わなければ写真を撮ることができないと主張するネットユーザーもいる。「彼女は私に100(ドル)を払わなければならない……」という人もいれば、「(現在の定価は)それよりも(実際の)価値が5000ドルも高い」という人もいる。

フォックス・ニュース・ネットワークによると、ハリスは米墨国境移民などの重要な議題を扱う際に批判され、これらの問題に真剣に取り組む有権者とますます疎遠になっているように見えるという。

p>

class=”show_author”>責任編集:祝加貝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。