• 金. 6月 24th, 2022

リトアニアがロシアの飛地に「禁輸令」を施行したのは誰が背後で扇動しているのか。

Byadmin

6月 23, 2022

リトアニアはこのほど、リトアニア域内の鉄道を経由したロシアの飛地カリーニングラード州への貨物輸送を禁止し、ロシア側の強い反発を招いた。

p>
<p cms-style=「font-L」>ロシアは21日、リトアニアがこの「禁輸令」の範囲を拡大し、鉄道輸送のほか、道路輸送も禁止されていると発表した。現在、カリーニングラード州がロシアの他の地域から貨物を獲得する方法は海運というルートしか残っていない。ロシア側はリトアニアを「苦痛に思う」ように「禁輸令」に反撃すると表明した。

リトアニアはロシアの飛地に対して「禁輸令」を実施している

cms-style=”font-L strong-Bold align-Center”>ロシア側は反体制を誓った

ロシア新社が現地時間21日、ロシアのカリーニングラード州プレス部門の責任者の話として引用したところ、リトアニアはカリーニングラード州のトランジット輸送禁止範囲を鉄道輸送から道路輸送に拡大しており、現在カリーニングラード州はロシアの他の地域からの鉄鉱石、石炭、建築材料などの貨物を海上輸送でしか入手できていない。一方、リトアニア政府は同日、「禁輸令」はEUがロシアに制裁を加えた一部にすぎず、制裁に拘束されていない旅客や貨物がリトアニアを通じてカリーニングラード州に進出することには影響を受けないと発表した。


<p cms-style=「font-L」>リトアニア側の動きに対し、ロシアのレニングラード州政府は21日、カリニングラード州への物資供給を保証するため、レニングラード州ハーバーの貨物輸送量を増やすと表明した。ロシア連邦安全保障会議のパトルショフ事務総長は同日、カリーニングラード州で現地当局者とエネルギー供給などについて話し合った。ロシア側はリトアニアを「苦痛に思う」ように「禁輸令」に反撃すると述べた。

ロシア連邦安全保障会議のパトルショフ秘書:ロシアは当然この敵対行動に対応し、各部門は適切な措置を講じて近く実施する。これらの対応策は、リトゥンに深刻なネガティブな影響を与える。

リトアニアのロシアへの飛地禁輸を扇動しているのは誰ですか。

では、リトアニアがロシアの飛地に対して「禁輸令」を施行した背後には、誰が扇動しているのだろうか。これに対してリトアニアはEUを指しており、EUは言葉が微妙だが、米国は声を出す力が陶宛に立っている。

<p cms-style=「font-L」>リトアニア外務省は20日、ロシアの臨時代弁公室を召喚した際、リトアニアはEUの制裁政策を実行しており、EUの制裁に拘束されない人員や貨物がリトアニアを通過することに影響を受けないと明らかにした。p>

リトアニア外相は21日、この説を再確認した。

p>

リトアニアのガブリリアス・ランツベジス外相:封鎖説はまったく存在しない、(EU制裁に拘束されていない)人員も貨物も過去も現在も未来も国境を越えることができる、EU委員会がそれを言わない限り。しかし、今のところ、私はこのような兆候を見ていません。

リトアニアはEUを指しているが、EUの言葉遣いは微妙だ。

<p cms-style=「font-L」>ロイター通信は21日、欧州連合(EU)委員会のドンブロフスキーズ執行副議長がこの件についてリトアニアのナセダ大統領と電話で会談したと明らかにしたと報じた。ドンブロフスキー氏は、EUは関連状況を収集しており、リトアニアが確かにEUの制裁政策を実行しているとすれば、EUは制裁を実行する加盟国と一緒に立つことになると述べた。

また、欧州連合のマルクス・エドレル駐ロシア大使は21日、ロシア外務省への渡航要請に応じ、禁輸や封鎖はなく、ロシアは冷静を保つべきだと述べた。

p>

マルクス・エドレルEU駐ロシア大使:私はこの機会にEUの立場を明らかにし、禁輸も封鎖もせず、事態をエスカレートさせないようロシア側に冷静さを保つよう呼びかけました。

p>

EUが事態をエスカレートさせないよう呼びかけているのに対し、米国は火に油を注いでいる。21日、米国はNATOのリトアニア防衛への約束を「堅固だ」と述べた。

米国務省のプライス報道官:私たちのNATOに対する約束、特にNATOの第5条項、すなわち締約国に対する攻撃は締約国全体に対する攻撃とみなされ、米国という約束は破ることができない。

cms-style=”font-L strong-Bold align-Center”>ネットユーザーコメント:米国は覇権維持のために衝突のエスカレーションを求めている

これに対し、米国は自分たちの覇権を守るために、アップグレード地域の衝突を一心に求めていると直言するネットユーザーがいる。

p>

「正直に言うと。リトアニアがカリーニングラードを封鎖しているのではない。米国がリトアニアを利用して、カリーニングラードを封鎖しているのだ。(米国は)ロシアとNATOの全面的な対抗にグレードアップしようとしている」

「米国にはもっと多くの砲灰が必要だ。米国はロシアと最後のヨーロッパ人まで戦う意思があることは理解に難くない」

また、「米国は世界中で何かを探しているが、それを免れる場所はあるのか」

さらに、米国がリトアニアを支援するために飛び出したのは、国内の矛盾を移転させるためだと指摘するネットユーザーもいる。

p>
<p cms-style=「font-L」>「米国がリトアニアを情勢をエスカレートさせるよう指導していることだ。バイデン氏は、国内の高インフレと壊滅的な経済情勢に対する米国民の注意をそらすために、ロシアとの戦いを急がなければならない」

class=”show_author”>責任編集者:王珊珊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。