• 金. 6月 24th, 2022

ウクライナ副首相:約2000人の烏軍がロシア軍捕虜に

Byadmin

6月 23, 2022

烏軍は亜速製鉄所から撤退

海外網は6月23日、ウクライナのウェレーショック副首相が23日、ウクライナの24チャンネルのインタビューに応じ、現在、2000人近くのウクライナ軍人がロシア軍に捕虜になっていると明らかにした。烏方は国際赤十字社にこの数字を通報した。

ロシア調査委員会のアレクサンダー・バステリキン議長は5月、ロシアが「自ら武器を手放す」ウクライナ軍約2000人を拘束していることを明らかにし、抵抗は無駄だと理解していると述べた。

p>

ロシアが烏に対して特別軍事行動を展開して以来、双方はマリウポルを巡って2カ月以上にわたって激しい争奪戦を繰り広げてきた。ロシア軍は5月下旬にマリウポルを完全に制圧した後、戦場の焦点はドネツク地方北東部とルガンスク地方西部に北に移った。6月20日、ウクライナ国防省のマリアル副長官は、烏軍は北ドネツク市付近のメトキオン村の支配を失ったと述べた。(海外ネット張琪)

   

class=”show_author”>責任編集:祝加貝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。