• 金. 6月 24th, 2022

価格は2.5万ドルで、テスラ人形ロボットの将来性は何ですか。

Byadmin

6月 23, 2022

米東時間6月21日、「シリコンバレーのアイアンマン」マースク氏はブルームバーグ編集長John Micklethwait氏のインタビューに応じ、テスラが今年9月30日に人型ロボット「オプティマス」の原型機を発売することを確認した。

p>

このニュースを受けて、海の向こうのA株ロボットプレートが2日近く急騰した。今日の終値では、従来の産業用ロボットの中で技術的にリードしている減速機メーカー、グリーンの高調波喜は20 cmの上昇停止板を獲得し、申万ロボットプレートのうち18株のうち12株が赤くなり、5株が7%を超えた。

国盛証券研究報の分析によると、関連産業チェーンの分析から、人型ロボットは自動運転、視覚ナビゲーション、センサー技術などの多くの技術融合に関連し、機械産業チェーンの方面は主にロボットの核心部品(サーボモータ、減速機、制御システム、ドライバなど)、機械視覚などの方面に関連し、工業制御網のデータに基づいて、コストに基づいて分割し、サーボシステム/コントローラ/減速機/本体製造はそれぞれ工業ロボットコストの24%/12%/35%/23%を占め、その中の上流コア部品コストは合計70%を超え、機械世代の波が加速するにつれて、関連産業チェーンは比較的に大きな成長潜在力を備え、特に上流コア部品は直接利益を受けることが期待される。p>

実は昨年8月、マースク氏はテスラ人工知能の日にテスラロボットを発表していた。マースク氏によると、オプティマスは高さ約172センチ、体重約56キロ、負荷20キロの人型ロボットで、体は軽量材料で覆われ、頭部は外部の情報をスキャンするスクリーンで、両手の機能はすでに「人間レベル」に達している。ソフトウェア面では、このロボットはテスラDojo(道場)機械学習訓練システムを採用し、チップは自己研究AI訓練チップD 1である。

同時に、オプティマスはテスラと自動運転ソフトウェアシステム(FSD)とカメラシステムを共用する。

p>

「テスラは世界最大のロボット会社と言えます。私たちの車は車輪の半感知ロボットのようなものだからです」。マースク氏はテスラの人型ロボットに自信を持っており、オプティマスの生産後、そのコストは自動車よりも低く、販売価格は約2.5万ドル(約16.74万元)と予想されている。

実際、マースク氏は人型ロボットプロジェクトをテスラの今年の第一の目標と考えており、ブルームバーグ氏のインタビューに対し、自身とテスラチームはロボットプロジェクトのプロセスを加速させ、オプティマスが9月末に登場することを確保していると述べた。

p>

なぜマースクは人型ロボットの発売を急いでいるのか。マースクの構想によれば、オプティマスは人間の代わりに「危険、繰り返し、退屈」な仕事に従事し、テスラにネジを締めることもできるし、人間が野菜を買いに行くのを助けることもできるし、人間の「仲間」になることもできる。今年9月にプロトタイプ機を発売した後、来年にはオプティマスが一部の応用シーンで使用される可能性が予想され、プロジェクトのさらなる発展に伴い、2025年にはオプティマスの応用シーンが急速に成長すると予想されている。

しかし、マースク氏は「まともな仕事をしていない」との分析もあり、テスラの超走、ピックアップ、重カードプロジェクトはすでに何度もチケットを飛ばしており、具体的な量産時期はまだ分からず、テスラは今年も新しい車種を発売していない。投資家の長期的な情熱を維持し、会社の株価を保証するためには、新しい概念を提案して宣伝する必要がある。

テスラのロボットプロジェクトに疑問があるが、マースク氏は、将来の世界市場では労働力不足が深刻化し、人型機械の大規模な応用後、労働力問題を効果的に解決すると考えている。

p>

注目すべきは、テスラネバダ州の工場が先日、従業員500人以上を解雇したことだ。マースク氏は以前、世界的な不況でテスラが従業員の約10%を削減すると内部メールで指摘していた。ブルームバーグとのインタビューでマースク氏は特に、「工場を稼働させ、倒産することなく労働者に賃金を支払うにはどうすればいいのか、非常に懸念している」

短期的に見れば、労働力にはしばらく問題はない。しかし、生産コストの面では、機械が使用されると追加の賃金は必要なく、パイプライン労働者の代わりにオプティマスを使用することも、テスラが生産コストをさらに削減するのに有利である。

しかし、マースクの前にはオプティマスの量産という難題がある。現在、世界最先端の人型ロボット会社はボストンの動力会社Atlasであり、米国防高等研究計画局(DARPA)の背景を持っている。2013年、ボストン動力は1.5メートルの2足ロボットAtlasと4足ロボット(ロボット犬)Spotを発表し、通常の歩行、ランニング能力のほか、2つの製品にはランニングクール、体操などの機能が備わっている。しかし、ボストン・ダイナミクスは、製品にはまだ商業化能力がなく、実験室の段階にとどまっていると考えている。

研究開発サイクルがより短いオプティマスの製品力はどうなのか。その量産プロセスは本当にマスクが想定していたように順調なのか。

p>

class=”show_author”>責任編集:賈楠SN 245

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。