• 金. 6月 24th, 2022

ウクライナがEU内に真の「同盟」を維持できるかどうか

Byadmin

6月 24, 2022

ウクライナはすでにEU候補国の地位を獲得している。ウクライナがEU加盟を申請した過程と、EU内でウクライナのEU加盟についてどのような考えがあるのかを簡単に振り返ってみよう。

p>

ウクライナは2017年に正式にEU連絡国となった。ロシアとの衝突が今年2月24日にエスカレートした後、ウクライナのゼレンスキー大統領は2月28日、EU加盟申請文書に署名し、EUに「新たな特殊プログラム」を開始してウクライナを迅速に吸収するよう呼びかけた。しかし、EUは3月のサミットでウクライナの「火線入盟」の可能性を排除した。

4月8日、フォン・ドレイン欧州委員長、ボレッリ欧州外交・安全政策上級代表がウクライナを訪問し、EU候補国の地位に関するアンケートを烏方に提出した。

p>

6月17日、欧州委員会はウクライナとモルドバのEU候補国に地位を与えることを提案したと発表した。しかし、EUのフォン・ドレイン委員長はブリュッセルで行われた記者会見で、ウクライナとモルドバはまだ多くの分野で改革を実施しなければならず、「まだ多くの重要な仕事を完了する必要がある」と強調した。

EUの関連規則によると、27の加盟国が一致して承認されてこそ、申請国はEU候補国の地位を得ることができる。

p>

欧州委員会や一部のEU諸国はウクライナのEU候補国入りを支持すると表明しているが、ウクライナのEU加盟問題では「口を緩めた」ことがないと分析している。マクロンを含む多くの人が、ウクライナのEU加盟に近道はなく、時間がかかることを注意していた。

フランスのマクロン大統領:プロセス全体が完了するまでに数年かかることは誰もが知っています。実際には、数十年かかる可能性が高い。

EU外交・安全政策上級代表のボレッリ

:加盟国の地位を取得するには長年かかる。

p>

一部加盟国はウクライナのEU加盟が均衡を破ることを懸念

それだけでなく、EU内でもウクライナ加盟には食い違いがある。これまでオランダやデンマークなどの加盟国は、ウクライナのEU候補国への地位付与に公然と反対してきた。ポルトガルのアントニオ・コスタ首相も、交戦状態にある国はEU加盟の条件に合致しないことを明らかにした。

米CNNは、一部の西欧諸国はウクライナ加盟がEUの権力バランスをさらに東にシフトさせることを懸念しており、ウクライナ加盟がEU予算を大量に振り分けることを懸念している国もあると指摘した。

p>

class=”show_author”>責任編集:朱学森SN 240

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。